診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  神経内科・認知症センター

神経内科・認知症センター

神経内科は、脳・脊髄の中枢神経系、末梢神経や、筋肉の病気を診る内科です。代表的な疾患は、脳血管障害(脳梗塞・脳内出血・脳塞栓・一過性脳虚血)、認知症(アルツハイマー病・脳血管性認知症・軽度認知障害、その他 認知機能障害)、一過性全健忘、頭痛、てんかん、痙攣、感染性疾患(脳炎・髄膜炎)、神経難病(パーキンソン病・パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症・多 系統萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・重症筋無力症・多発性筋炎・筋ジストロフィー等筋疾患、 等々)、脊髄疾患、神経根障害、末梢神経障害(炎症性・糖尿病性・ビタミン欠乏性等)などがあります。

 神経学的所見に加えて、各種高度先進技術による3T-MRI、シンチ(SPECT,MIBG,DATscan)、MEG、誘発筋電図などを駆使し、脳、脊髄や末梢神経・筋の、形態および機能の状態を解明するとともに、先進的な神経学的治療や急性期リハビリテーションを推進し、早期の機能回復と社会復帰に資することを旨としています。   

※外来診察は初診・再診ともに完全予約制です。

 

  • ■日本神経学会教育施設
  • ■日本内科学会認定教育関連病院
  • ■日本認知症学会教育施設
  • ■日本臨床神経生理学会教育施設
     

 

   

 

診療内容

脳の病気

  1. 1.脳血管障害:脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血後後遺症
  2. 2.神経変性疾患:パーキンソン病、進行性核上性麻痺、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症など
  3. 3.認知症:アルツハイマー病、脳血管性認知症、前頭側頭型認知症など
  4. 4.免疫性神経疾患:多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎
  5. 5.てんかん:大発作、部分発作など
  6. 6.不随意運動性疾患:本態性振戦、片側顔面けいれん、眼瞼けいれんなど


脊髄の病気

  1. 1.横断性脊髄炎など
  2. 2.脊椎疾患:変形性頚椎症や腰椎症、ヘルニア

 


運動神経の病気

  1. 1.筋萎縮性側索硬化症、脊髄性進行性筋萎縮症など

 


末梢神経の病気

  1. 1.ギランバレー症候群
  2. 2.慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  3. 3.糖尿病性神経障害
  4. 4.アルコール、ビタミン欠乏などによる末梢神経障害
  5. 5.手根管・肘管症候群

 


筋の病気

  1. 1.筋ジストロフィー症
  2. 2.多発性筋炎
  3. 3.重症筋無力症
  4. 4.周期性四肢麻痺

 


頭痛

  1. 1.緊張型頭痛
  2. 2.片頭痛
  3. 3.群発頭痛

 

 

神経内科・認知症センターページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.