研修医募集

ホーム  >  臨床研修   >  後期研修(専攻医)  >   募集診療科とプログラム  >  神経内科

神経内科

 

神経内科 専攻医(後期)  臨床研修プログラム

プログラムの目的と特徴

当院神経内科のカリキュラムは、神経内科各種疾患・症状を的確に把握し、適正な医療行為を実施できる神経内科専門医を養成することを目的に構成されているのみならず、神経内科専門医取得後に、各々が希望するより専門性の高い領域選択への指標となるべくプログラムであること、また診療を通じて人間形成を図ることを念頭におき提案している。

 

一般目標(GIO)

卒後初期臨床研修を終えた3年目以降の医師が、これまで培ってきた経験からさらに専門的かつ高度な知識と技術を修練し、各科との連携を図りつつ、神経内科臨床医・専門医として、地域医療に貢献する。さらに当科が主宰する神経内科研究会をはじめとする関連する学会や研究会への参加・発表を通じて、臨床経験を踏まえた臨床研究能力の向上を図ることが出来る。

 

行動目標(SBOs)

  1. 後期研修では以下の内容を身につけ、研修終了後には神経内科専門医取得可能となる。
  2. ミニマムリクアイアメントで定めた神経学的症候や病態の意味を正しく理解し、適切な神経学的所見をとることが出来る。
  3. 神経生理、神経放射線、神経超音波、神経病理、神経遺伝学をはじめ、各種神経学的検査結果の意味・解釈や治療の内容を理解出来る。またミニマムリクアイアメントで定めた検査、治療、手技は自ら施行し、適切な判断を下すことが出来る。
  4. 適切な確定診断を行い、治療計画を立案し適切な診療録を作製できる。ミニマムリクアイアメントで定めた疾患については主治医として十分な診療経験を有している。
  5. 診断・治療方針の決定困難な症例や神経内科救急をはじめ迅速な対応が必要な症例などにおいて、自科の専門医、他科の医師に適切にコンサルトを行い、適切な対応ができる。
  6. コメディカルと協調、協力する重要性を認識し、適切なチーム医療を実践できる。
  7. 患者から学ぶ姿勢を持ち、患者と患者の周囲の者に対するメンタルケアの大切さを知り、実践できる。
  8. 神経学的障害をもった患者の介護・管理上の要点を理解し、在宅医療を含めた社会復帰の計画を立案し、必要な書類を記載出来る。
  9. 神経内科救急疾患における診察の仕方、処置の仕方について学び、実践できる。
  10. 医療安全、倫理、個人情報保護の概念、医療経済について必要な知識を有する。
  11. カリキュラムの修得度を定期的に自己評価するとともに、指導医の評価も受けつつ、自己研鑽を積み重ねる。
  12. ミニマムリクアイアメントは、全項目中80%以上においてAもしくはBを満たす研修を積むことが出来るよう、自施設における習得が不十分な内容は、神経学会をはじめ関連学会の主催する教育講演、生涯教育講演、ハンズオンセミナーなどに積極的に出席し、学習する。

 

後期研修において神経学会の定めるミニマムリクアイアメントに関しては、別項を参照して下さい。

 

診療責任者

神経内科 部長 西谷 信之

当科は、神経内科専門医および指導医が2名在職しており、大学病院での研修に准じた修練を行うことの可能な日本神経学会の准教育施設に指定されています。研修プログラムは、日本神経学会の掲げる神経内科卒後研修到達目標を達成可能な形に組まれています。神経内科卒後研修到達目標の詳細は、こちらを参照下さい。

当科では、各診療科との横断的連携にて、多種多彩な神経疾患を担当することが可能で、また今年度から稼働を始めるMEGを含めた各種補助診断検査も修練する機会が多いのが特徴です。その結果、各種学会での発表の場も多く得ることが出来ます。

修練後は、神経内科専門医以外に、脳卒中専門医、てんかん専門医、認知症専門医、脳波・筋電図認定医を目指すことも可能です。

当科は、京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座臨床神経学教室(神経内科)と連携し活動を行っています。希望にて大学神経内科のみならず、同医学研究科てんかん・運動異常生理学講座、静岡てんかんセンター、独立行政法人国立精神神経医療研究センター神経研究所、その他国内施設へ短期出向し修練を積むことも可能です。

 

研修内容および到達目標

神経内科専門医を目指す後期研修の3年間

 1年目
  1. 希望により、内科系診療科(循環器科、呼吸器科、消化器科、糖尿病・内分泌内科)および脳神経外科、救急部から2~3科を選択しローテーションすることが出来る。その期間と診療科については協議を行い決定する。
  2. 指導医・上級医による指導をうけながら、病棟主治医として入院診療の研鑽を積む。神経内科症例検討会を通じて神経内科の考え方や知識を学び、必要な診断方法や治療方針を習得する。
  3. 患者やその家族へのインフォームド・コンセントの手法を学ぶ。
  4. カンファレンスや回診を通じて幅広い疾患に対する理解と経験を深める。
  5. 検査業務については、指導の下に適切に施行出来るようにする。
    (ア)神経伝導検査、誘発筋電図、針筋電図検査、脳波、髄液検査を自ら施行し基本的所見の理解が出来る。
    (イ)MRI, MRA, CT, SPECTを中心とした神経放射線検査の基本的所見の理解が出来る。
  6. 呼吸筋麻痺・重症症例などで人工呼吸器管理を習得する。
  7. 救急外来では、神経内科救急に対する処置について研鑚を積む。
  8. 指導医や上級医の指導の下、各種書類を適切に記載する。
  9. 医療安全・医療倫理の講演会には積極的に出席する。
  10. 各種カンファレンス、研究会、学会等にて、症例報告・発表を行う。

 

2年目
  1. 引き続き指導医・上級医による指導をうけ、病棟主治医として入院診療の研鑽を積む。
  2. 神経内科症例検討会を通じて神経内科の考え方や知識を深め、診断方法や治療方針を習熟していく。適切な鑑別診断をあげ、必要な検査計画を、一人で立てることが出来る。
  3. 担当した入院患者の、退院後の外来診療を開始し、疾患の縦断像を把握する。
  4. カンファレンスや回診を通じて幅広い疾患に対する理解と経験をさらに深める。
  5. 基本的な疾患では適宜指導医・上級医に相談しながら一人で診療可能なレベルへの到達を目指す。
  6. 患者やその家族へのインフォームド・コンセントの手法を学び、一人で出来るように務める。
  7. 検査業務についても基本的な内容は一人で施行出来ることを目標とする。
  8. 指導医や上級医の指導の下、各種書類を適切に記載する。
  9. 医療安全・医療倫理の講演会には積極的に出席する。
  10. 各種カンファレンス、研究会、学会等にて、症例報告・発表を行う。

 

3年目
  1. 主治医として外来・入院患者を担当し、他科からの診療以来にも対応できるようにする。
  2. 検査業務では、これまでの検査の実施と所見を十分把握できることに加えて、筋生検・神経生検などの手技と知識を習得する。
  3. 臨床研修医の上級医としての指導も行なう。
  4. 教育関連病院との連携を通じて在宅の状況を把握出来るように努め、全人的な診療の中での神経内科診療の習得を目指す。
  5. 神経学会の定めるミニマムリクアイアメントを適切に達成出来るよう、指導医と相談し、不足する研修内容は関連病院、学会ハンズオンセミナー、各種学習会などを通じて習得出来るよう研鑽に励む。
  6. 指導医や上級医の指導の下、各種書類を適切に記載する。
  7. 患者やその家族へのインフォームド・コンセントが、一人で出来るようになる。
  8. 医療安全・医療倫理の講演会には積極的に出席する。
  9. 各種カンファレンス、研究会、学会等での症例報告・臨床研究発表を行う。

 

 

検査業務

電気生理学的検査(脳波、脳磁場、誘発筋電図、針筋電図、末梢神経伝導速度検査等)、頚部超音波検査、高次脳機能検査、自律神経検査、その他希望に応じて神経放射線検査など。

 

 

週間スケジュール

 
             
午前 病棟 外来 外来 外来 病棟 病棟  
午後 カンファレンス 病棟 回診 生理検査 生理検査    
夕方 CPC            
その他    

 

 

 

 

 

 

 

 

※プログラム内容:平成26年7月1日現在

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.