病院について

ホーム  >  病院について  >  広報  >  トピックス

トピックス

2011.08.10

第35回市民講座

眼科副部長 三島医師より「まだ見えている…が失明につながる目の病気」のテーマで講演いたしました。
 失明の原因疾患のうち、緑内障、糖尿病性網膜症についてお話いたしました。
 緑内障については「診断」:眼圧測定(非接触型・接触型)、「OCT、視野検査、治療」:薬物療法、レーザー療法、手術の説明をし、最近見にくくなったなど症状がある場合は眼科受診を促し、1~2ヶ月に1回眼圧測定・視神経観察、年2~3回視野検査を勧めました。
 糖尿病網膜症の治療としては、血糖のコントロール、レーザー治療、ステロイドテノン嚢下注射、硝子体切除術、増殖膜切除について説明しました。病気は早期発見、早期治療が大事、まだ見えていても、眼科で定期的な診察を受けましょうと講演を終えました。

» 関連リンク先はこちら


2011.07.30

南5病棟主催 納涼祭

南5病棟恒例となった納涼祭。岸和田の花火をバックにボランティアの生演奏。今年は患者さんと一緒に盆踊りをして盛り上がりました。一番喜んでいただいたのは主治医の写真、メッセージ付きの手作りうちわでした。今年も患者さんとのいい思い出ができました。


2011.07.13

第34回市民講座

総合急病救急センター部長 古川医師が「臨床検査の見方と病態との関係」というテーマで講演いたしました。
短い時間の中でしたが検査全般について詳しく説明いたしました。

» 関連リンク先はこちら


2011.07.09

第9回府中病院薬薬連携研修会

7月9日府中病院セミナーホールにて第9回目の研修会を開催しました。
 今回は3月11日に発生した東日本大震災後の災害派遣をテーマに保険薬局、病院薬剤師及び看護師による講演を行いました。
 病院薬剤師の立場として、通常時との業務の違いや、今後の震災時に薬剤師として備えておくべきことを中心にお話ししました。

» 関連リンク先はこちら


2011.06.30

第33回市民講座

泌尿器科部長 播本医師より「前立腺肥大症と前立腺がんのお話」というテーマで講演いたしました。
 前立腺肥大症については、実際の前立腺エコーの正常画像、肥大画像で説明があり、重症度の判定、治療、外科的治療・処置、手術の合併症等についても分かりやすく説明しました。
 前立腺がんについては、検査の種類と内容や前立腺がんの病態、検査から診断の流れについて詳しく説明し、治療方法としては、手術療法、放射線療法、内分泌療法それぞれに対しても分かりやすく説明しました。前立腺がんは集団検診にて早期に見つかる確率が高いこと、検査も血液検査のみであることを説明し講演を終えました。

» 関連リンク先はこちら



COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.