病院について

ホーム  >  病院について  >  広報  >  トピックス

トピックス

2011.06.15

第32回市民講座

総合急病救急センター医長 菅谷医師が「関節リウマチ・膠原病って、どんな病気?」をテーマに講演いたしました。
 関節リウマチについては、診断方法や放射線画像にて進行程度を分かりやすく説明し、発症から半年以内の治療開始が望ましいこと、薬の説明、副作用、薬代は高額であること等を分かりやすく説明しました。
 関節リウマチも膠原病の1つであること等を説明し、講演を終えました。

» 関連リンク先はこちら


2011.05.18

第31回市民講座

消化器内科部長、内視鏡センター長の土細工医師が「肝臓病について」をテーマに講演いたしました。
 肝癌による死亡者数、肝癌死亡率の国際比較、都道府県別肝癌死亡率から始まり、がん検診受診率、腹腔内臓器の位置説明、肝臓のはたらき、どのような検査をするのか、画像検査等を詳しく説明しました。
 慢性肝炎疾患の原因、C型肝炎の説明、肝細胞癌の原因、各病気の経過肝硬変とはどんな病気か、治療方法のインターフェロンについて詳しく説明があり、治療費についても医療費助成について詳しく説明しました。また、食事療法や運動療法についても分かりやすい説明がありました。

» 関連リンク先はこちら


2011.04.27

第30回市民講座

健診センター長 廣岡医師より「大腸がんのお話」について講演しました。
 大腸がんは、早期発見、早期治療・手術で90%助かる。自分を守るため、家族を守るためにも、がん検診を受けましょうと予防医学に関してお話ししました。参加頂いた市民の皆さまからも多くのご質問を頂くことができました。今後も、地域住民の方を対象に国民健康づくり運動である「健康日本21」の理解と推進を目的として有意義な催しを企画・実行していきたいと考えます。

» 関連リンク先はこちら


2011.03.24

第29回市民講座

ふちゅう介護相談センター 課長補佐 浅井より「介護保険」について講演いたしました。
 介護保険制度が創設された時と現状を比較して、介護度軽度者が大幅に増えたこと、軽度者のサービスが介護状態の改善に繋がっていないこと、介護予防重視となったこと等を説明しました。また、介護予防を行うには、楽しみを見つけることからはじめましょう、住み慣れた町で自分らしく元気に暮らしていきましょうとお話を終えました。

» 関連リンク先はこちら


2011.03.10

第28回市民講座

医療情報課 課長補佐 堀田より「医療費と保険」というテーマで講演いたしました。
 入院した場合の高額医療費に関する制度、高額療養費制度について・手続き方法・高額療養費制度の合算・入院中の食事代・標準負担額減免認定証の手続き方法等について分かりやすく説明しました。医療保険給付の種類・給付の対象外・保険の資格についても分かりやすく説明、実際に当院の領収書を元に明細書の見方についても詳しく説明しました。

» 関連リンク先はこちら



COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.