病院について

ホーム  >  病院について  >  広報  >  トピックス

トピックス

2016.05.26

看護フェア

5月26日に看護フェアを開催し、多くの方に参加して頂きました。
今年は「計測コーナー」に加え、退院支援や在宅で受ける介護と医療サービスを知って頂ける「在宅支援コーナー」、転ばない身体づくりのための座ってできる「体操コーナー」も開催しました。転倒予防の知識を知って頂けることができ、体操を体験された方からは「家でもできそう」というお声を頂きました。今後も、住みなれた在宅で生活を続けて頂ける支援を継続していきたいです。


2016.03.12

第23回府中病院薬薬連携研修会

特別講演として、急病救急部 部長の福廣医師が洋画のDVDの上映も交えて、一次救命処置の手順についてお話しをいたしました。その後のデモンストレーションでは、実際に参加者の皆さんに救命処置を体験して頂き、2分間の連続した心臓マッサージに汗を流しながら、懸命に励んで頂きました。
体験後は、実際の救急現場での医療についてお話し、その後、和気あいあいと普段疑問に思っていることについての質疑応答がなされ、非常に貴重な会となりました。


2015.11.14

第22回府中病院薬薬連携研修会

今回は「実習で学んだこと」というテーマで、病院・調剤薬局で実習を行った薬学生9名が発表しました。
薬学生たちは自ら興味を持ったテーマを選定し、NST、緩和ケア、悪性リンパ腫の症例報告、調剤過誤対策、ジェネリック医薬品、小児処方例、外用薬調剤について等の発表を行い、バラエティ豊かな内容となりました。
当日はあいにくの雨でしたが、近隣薬局の先生方や大学の先生方等、遠方より多数参加して頂けました。発表後は懇親会を開催し、美味しい食事に話も弾みました。次回の開催は、年明けの3月を予定しております。


2015.11.13

糖尿病週間イベント

11月14日は「世界糖尿病デー」です。当院でも二日間にわたりイベントを実施し、133名の外来患者さんが参加されました。血糖・体脂肪測定、栄養・薬剤相談を行い、患者さんからは「知らないことを知ることができて良かったわ」という感想を聞くことができ、糖尿病について興味・関心を持っていただけたと思います。


2015.07.11

第21回府中病院薬薬連携研修会

今回は「緩和医療」をテーマに保険薬局と研修会を行いました。
特別講演として総合診療センター 部長の太田 忠信医師が「がん疼痛の評価と治療について~患者の視点と共感するスキルSHAREの応用~」という内容で講演いたしました。がん疼痛の種類やオピオイドの導入、鎮痛補助薬の使い方以外にも、診療でのコミュニケーションスキルについて講演いたしました。研修会終了後のアンケートでは、日常の患者さんへの対応を考え直す良い機会になった等のご意見を頂き、コミュニケーションの大切さを改めて感じた研修会となりました。



COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.