診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  医療福祉相談室

医療福祉相談室

患者さん・ご家族・地域の皆さんへ

医療福祉相談室は生活や人生のご決断のお手伝いをさせていただきます

病院では生活や人生の「大切な何か」をご決断しなければならない場面が多くあります。例えば、治療のこと、介護のこと、仕事のこと、子育てのこと、お金のこと等々・・・。
医療福祉相談室では、相談者さまのお気持ちをお聴きし、そして相談者さまがご自分らしくあるための生活のありようを、一緒に考えさせていただきます。
今、お心がゆれる悩みごとやご不安はございませんか? ささいなこと、ばくぜんとした内容でも大丈夫です。お気軽にAIF総合相談センターへお越しください。
 

 

1. こんな悩み、困りごと、ございませんか
  ~病気やけがをすると気にかかる、あなたの生活と人生のこと~

病気やけがをすると気にかかるのが、まず治療のことです。そして、その病状や状態によって様々に変わる生活の困りごとも起こってきます。こうした生活の心配は、あなたにとって治療と同じくらい大切なことかもしれません。今まさに悩んでいる、少し気になる、何かもやもやする…こんなお気持ちはございませんか?当院ではAIF総合相談センターにて生活のご相談を承っております。少し先の未来への、お心の準備にお役立てください。

 

退院後のこと、ご家族のこと、お仕事のこと…

※各項目をクリックして下さい。




 

 

 

 

大事なお金のこと・・・

※各項目をクリックして下さい。




 

 

その他の大切な心配ごと・・・

※各項目をクリックして下さい。


 

 

 





 

相談をご希望の場合は、お近くの職員にお声を掛けてくださるか、西館1階のAIF総合相談センターまでお越しください。相談無料、秘密は固く守ります。

 

 

2.退院後の生活はどんなイメージ?

生活や人生の大切なことを自分で決める。そのために知っておきたいこと

入院すると、その後はどうなるのでしょう。当院は救急治療を主としているため、治療が終了すると退院となります。平均の入院期間は10日~2週間弱です。この短い入院期間で、ご自宅へ問題なく退院できる場合はご心配は少ないですが、そうでない場合はご不安やご心配ごとが出てきます。
以下の図は、退院後、ご自宅等に帰られるまでのおおまかな流れです。

 

退院後の生活や人生を、ご自身で選択するポイント

 

●住み慣れた地域で生活するための方法
「病気」や「障がい」とともに生活するためには、お住まいの地域でどのような医療・介護サービス・病院・施設等があるかを、事前に知っておくことが大切です。

●からだと共に大切にしたい「あなたらしさ」
情報を知った上で、あなたは、これからの生活や人生をどう描きたいと感じられますか。どんな生活のありようだったら自分らしいのか…ご一緒に考えさせていただきます。

 

※ご自宅での詳しい生活や、病院・施設の詳細は、以下をクリックして下さい。

入院前も退院後も住み慣れた地域であなたらしく生活するために

「病気」や「障がい」を抱えてのご自宅での生活は、様々な人やもの、制度、サービスによって実現します。地域であなたらしく生活するための様々な社会資源は、以下のようなイメージです。

 

 

※それぞれの詳しい説明は、以下をクリックしてください。

3. ご相談方法

ご相談方法

  1. 1.AIF総合相談センターに直接お越しください。
  2. 2.主治医や外来スタッフ、病棟スタッフにお声かけください。

※お電話等で事前にご予約いただけますと、お待ちいただくことなく対応いたします。

 

ご相談場所・時間

西館1階 AIF総合相談センター
月曜日~土曜日 9時00分~17時00分(祝日除く)
※患者さんやご家族の状況に応じて、病棟や別の場所でのご相談も可能です。

医療福祉相談室ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.