診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  栄養管理室  >  給食管理

栄養管理室

給食管理

給食管理

当院の給食は入院患者さんに安全・安心・美味しい食事を提供するために、ベルキッチン(院外調理センター)より「ニュークックチル※」による食事を提供しています。ベルキッチンより配送された食事を、3℃以下に温度管理した状態で喫食直前に再加熱カートで再加熱して提供します。徹底した温度管理により、食中毒などの危険を回避し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供することができます。

 

- ベルキッチン - - 再加熱カート -

 

  • ※「ニュークックチル」とは材料を下処理し、加熱調理したあと0~3℃まで急速に冷却して保管を行い、食べる直前に再加熱をする調理法です。加熱調理してから5日間の冷蔵保管が可能で1日を通して計画的に調理を行うことができるため、多種多様な病院給食において衛生管理の行き届いた安全な給食の提供と適時適温給食が可能となります。また、非常災害時の給食の確保という面でも役立ちます。

 

パートナー(患者さん)へ食事が届くまで

 

1日3便ベルキッチンから食事がトラックで届きます。
トラックは環境にやさしいガス燃料車です。

 

 

 

トラックから食事専用エレベーターで配膳カート室へ食事カートを搬入します。

 

 

料理中心温度の確認等、検品作業を行います。

 

 

食事提供前に温風式再加熱カートで温側料理の再加熱します。

 

再加熱が終了し、病棟への配膳が始まります。

 

 

温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく提供されています

 

成分別コントロール食

入院中のお食事は、医師の指示のもと治療の一環として、患者さんの病状に合った内容で提供させていただきます。



産食バイキング

産科病棟ではご出産された方を対象に火曜日と金曜日の週2回デイルームにて昼食バイキングを実施しております。

 

 

化学療法食(セレクト食)

血液内科病棟にご入院中の患者さん対象にセレクト食の提供をしております。治療に対する副作用別に用意しており、食べるきっかけになればと提案しました。

 

  1. 1. 味覚異常に対する食事
  2.  
  3. 2. 嘔気・嘔吐に対する食事
  4.  
  5. 3. 腹部膨満感に対する食事
     

  6.  

個別対応食

アレルギーや食欲不振・治療による味覚の変化など、症状に対応した 食事の変更を行っています。また栄養補給のための栄養補助食品も多数ご用意しております。

 

栄養管理室ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.