診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  臨床工学室  >  取り組み

臨床工学室

取り組み

心臓カテーテル検査時の急変対応シミュレーション

医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、そして臨床工学技士という、多職種協働での血管造影室での急変対応シミュレーションを数か月に一度、定期的に実施しスキルの標準化に努めています!

 

RSTラウンド(呼吸サポートチーム)

RSTメンバーは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学技士、医療安全管理者から構成されています。
毎週木曜日に院内ラウンドを実施し、人工呼吸器を装着した患者さんの呼吸ケアについて評価・指導しています。
ラウンドでは各患者さんにあった人工呼吸器の設定や鎮静剤などの使用薬剤の評価、栄養管理、口腔内の衛生管理、早期リハビリテーションの介入などの活動を行っています。

 

臨床工学室ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.