診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  管理部  >  医療情報課

管理部

医療情報課

所属長から

事務職は、直接診療やケアに携わることはありませんが、元気に活動することにより、患者さんへ元気を届け、安心して病気と向き合っていただくためのサポートを行っています。また、他職種の方々に元気を与え、活気ある組織づくりを目指しています。

医療業界は、外部環境、内部環境が目まぐるしく変化していく業界です。どのような環境であっても柔軟に対応ができ、一人ひとりが考え、個々の能力を最大限に生かすことができる組織を目指しています。

 

業務紹介

当課は、100名を越えるスタッフが所属しており、院内のいたるところで業務を行っています。患者さんが安全で安心な医療を受けていただけるよう、医療者とともにチームの一員として活動しています。

 

 

 受付業務 |
  • ・総合案内や外来受付、予約を取得する窓口業務です。
  • ・来院された患者さんと、はじめに顔を合わせる場所です。
  • ・「病院の顔」であり、笑顔でお出迎えしています。

 

 外来請求業務 |
  • ・患者さんが支払う外来診療費の計算や診療報酬請求(レセプト請求)業務です。
  • ・保険制度や診療報酬制度を習得し、迅速で正確さが求められます。

 

 入院請求業務 |
  • ・患者さんが支払う入院診療費の計算や診療報酬請求(レセプト請求)業務です。
  • ・DPC制度にかかわる調査関連業務です。
  • ・病院収入で大半を占めるところです。
  • ・診療報酬制度だけではなく、臨床知識も求められます。


 外来クラーク業務 |
  • ・各診療科外来窓口業務です。
  • ・患者さんと医師との架け橋的な存在です。
  • ・安心して診療を受けていただくために患者さんの症状や訴えを医師へ伝える役割を担っています。

 

 入院クラーク業務 |
  • ・各病棟窓口業務、病棟内の医療者の事務的サポート業務、入院費のご説明など治療やケアに専念できるよう医師、看護師のサポートを行っています。

 

 メディカルセクレタリー業務 |
  • ・医師の事務的サポート業務です。
  • ・医師の事務的支援を行うことで、患者さんと向き合う時間が増え、診療に専念できます。
  • ・臨床知識やPCスキルが求められます。


 入院支援センター業務 |
  • ・入院に際してのオリエンテーション及び保険制度説明を行います。
  • ・入院前の患者さんの不安を軽減ができるよう取り組んでいます。

 

 事務当直業務 |
  • ・夜間の受付及び会計業務です。
  • ・専従スタッフが担当しており、夜間においても時間内と同じ対応をしています。

 

 電話交換業務 |
  • ・外線電話を各部署、各担当者へ取り次ぐ業務です。
  • ・1日400件以上の電話を的確に取り次いでいます。

 

 分析・院内システム管理業務 |
  • ・各種分析。院内システムの管理業務です。
  • ・院内、院外のデータを収集し分析後、経営陣や医療者へ情報提供やディスカッションなどを行い経営の質、医療の質の向上につなげています。(企画室と協同で行っています)

 

現場の声

入院クラーク担当
病棟事務をしながら、レセプト業務もしています。
実は…4歳と3歳のやんちゃな息子をもつ母親です。結婚して家庭と仕事の両立。出産して子育て、家庭、仕事の両立。妻であり、母親でもあり…仕事を続けられるか、不安でいっぱいでした。一体幾つの役割をこなさないといけないのかと。でも家族の応援、職場の人達の理解と協力があって、いい環境の中でこの仕事を続けることが出来ています。「お帰り」と言って待っていてくれる息子達に早く会いたいから、今日も一日頑張ります。

 

外来請求担当
前職は外食産業であり、他業種からの転職で、医療業界の知識は全くありませんでした。現在では、窓口で患者さんの案内や保険請求業務など勉強しています。
不安の中、全力で走り続けてきましたが、熱心に指導してくださる先輩方に支えられ、充実した日々をおくっています。
府中病院及び医療情報課が目指す「最高の病院」になるために、患者さん第一の最高の事務員を目指します。

 

メディカルセクレタリー担当
私たち、メディカルセクレタリーは、外来診療において、診察支援業務(血圧・体重・検査結果の事前入力等)、次回診察のご案内、検査説明、書類の代行記入などを行っています。
医師の負担軽減・診療の効率化を行う上で欠かせないとても、やりがいのある重要な仕事です。
医師や患者さんより信頼されるメディカルセクレタリーを目指し、スタッフ一同日々の業務に励んでいます。

 

視能訓練士
私たち、視能訓練士は眼科に特化した検査員です。
毎日多くの患者さんと接しますが、常にその眼の状態を考え、少しの会話から不安を察知し、専門知識を活かしながら検査を行っています。
眼鏡処方など、患者さんの見え方の質に直接かかわる業務が多いので、大変やりがいのある仕事です。

 

入院支援センター担当
入院支援センターは平成25年7月から始動したばかりの部門です。
仕事内容は主に、入院が決まった方に安心して入院生活を過ごしていただくために、入院のご案内をさせてもらっています。
私は府中病院で10年以上勤めていますがその間に結婚、出産を経て現在、小学生と幼稚園児の母になりました。
入院支援センターはこれからもっと業務の幅を広げていける部門なのでまだまだ頑張りたいと思っています。

 

総合受付・外来請求担当
私は総合受付での、会計入力や初診受付などを担当しています。
患者さんと最初に関わる場所なので、常に笑顔で明るく接し、少しでも患者さんの不安な気持ちを解消できるように心がけています。
まだまだ分からないことが多く日々勉強ですが、頼れる先輩や相談しあえる同期に支えられ、自分の成長を実感できる毎日にとてもやりがいを感じています。

 

総合受付担当
総合受付で、主に受付を担当しています。
患者さんの不安が少しでも和らぐよう温かい応対を心がけています。
1日約1000人の患者さんが来院され忙しい毎日ですが、笑顔で感謝のお言葉をいただいた時はとてもやりがいを感じます。
職場環境も良く、結婚出産後も信頼できる上司と仲間に支えられチームワークで業務に取り組んでいます。

 

入院請求担当
私は入職7年目で入院請求部門にて業務を行っています。
主な業務は、入院に関する費用の計算やDPC制度関連業務です。他の部門に比べると直接患者さんと係わる機会が少ない部門ですが、患者さんが安心して入院できるように保険制度などの情報提供を積極的に行うことを心がけています。

 

管理部ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.