新着情報

ホーム  >  新着情報  >  医療関係者向けセミナー  >  第6回北泉州心臓リハビリテーション懇話会[5/18(土)開催]

医療関係者向けセミナー

第6回北泉州心臓リハビリテーション懇話会[5/18(土)開催]

2019.03.20

運動療法が虚血性心疾患患者の運動耐容能改善や二次予防、心不全患者の予防を改善することが明らかとなり、欧米では心臓リハビリテーション(心リハ)が心血管疾患患者に対し薬物療法とともに広く普及しています。本邦でも運動療法を中心とした包括的心リハが注目され徐々に普及してまいりましたが、近年高齢心不全患者の増加に伴い、よりその重要性が増しています。
本懇話会は平成25年に和泉市立総合医療センターの河瀬先生と和泉診療所の栁先生が、心リハの裾野を広げ、心リハの理解を深めるため企画され、年1回のペースで開催してまいりました。
本年は特別講演として大阪市立大学大学院医学研究科循環器内科学准教授の泉家康宏先生に「心臓リハビリテーションの有効性を、骨格筋から分泌されるホルモンという観点から解明する」のタイトルでご講演いただきます。
これからも院内スタッフと地域の先生方が連携し、心リハを地域に拡げていけるよう努めたいと考えております。心リハに少しでも興味をお持ちの先生方、看護師や理学療法士などコメディカルスタッフの皆様の多数ご参加をお待ちしております。

開催日時 2019年5月18日(土) 15:00~17:00
開催場所 府中病院 地下1階 セミナーホール
参加費

無料
※大阪府医師会生涯研修システム認定セミナー(単位、カリキュラムコード)申請中
※心臓リハビリテーション指導士(単位、カリキュラムコード)申請中
※当日は軽食(サンドイッチ)をご用意させていただきます。

テーマ

一般演題

座長 :和泉市立総合医療センター 循環器内科 副院長 河瀬 吉雄 先生
 

「心臓リハビリテーションの取り組み」
〜当院心リハ患者の病気に対する理解度とその対策(指導用ポスター掲示)について〜
〜心不全地域連携パス導入について〜

  演者:府中病院 理学療法室

 
特別講演

座長:府中病院 循環器内科 心不全センター センター長 花谷 彰久

「心臓リハビリテーションの有効性を、骨格筋から分泌されるホルモンという観点から解明する」

  演者:大阪市立大学大学院医学研究科 循環器内科学 准教授 泉家 康宏先生

お申込み方法

必要事項をご記入のうえ、FAXにてお申し込みください。

【主催】 府中病院 【協賛】 フクダ電子近畿販売株式会社

« 前のページへ戻る  


COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.