診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  呼吸器外科  >  ロボット支援下手術

呼吸器外科

ロボット支援下手術

 

 

呼吸器外科におけるロボット支援手術 特徴と実績

 

特徴と実績1

当院呼吸器外科では、これまで胸腔鏡手術を主に取り組んでまいりました。
胸腔鏡手術により皮膚切開の縮小化・胸壁へのダメージ低下・術後回復の早さが認められました。この胸腔鏡手術の持つ低侵襲性を保ったまま、さらにその欠点を補完したロボット支援手術が2018年に呼吸器外科領域においても保険適用となり、現在、日本国内において広がりをみせております。呼吸器外科領域で代表的な腫瘍性疾患の肺癌(原発性・転移性)縦隔腫瘍(良性・悪性)に対して、国内資格を取得した医師により施行されております。

 

 

特徴と実績2

ロボット支援手術の具体的な利点としては、3Dカメラで映し出された鮮明な立体映像・術野を10倍拡大・人の手以上の器用さ・手ぶれ補正・術後疼痛の軽減などが挙げられます。これらを駆使することで、約1cmの皮膚切開が5ヶ所開けることにより手術が可能になります。その手術時間は平均3~4時間で術後翌日より経口摂取・歩行可能です。術後5~7日が退院の目安となります。

 

 

 

ダビンチサージカルシステム認定医

当院ではロボット支援手術を行う資格を持った医師が1名在籍しております。
医長: 原幹太朗

 

 

応援体制

応援体制として、関連病院の関西労災病院呼吸器外科・大阪市立大学呼吸器外科などの関係も構築できており、特に全国屈指のロボット手術件数を誇る岩田隆医師もその一人です。

 

 

呼吸器外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.