診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  外科  >  肝胆膵がん

外科

肝胆膵がん

概要

当院は日本肝胆膵外科学会が規定する認定基準をクリアした高度技能指専門医修練施設Bの認定を受けています.
肝胆膵癌(肝臓癌、胆道癌、膵臓癌)は発生する部位の解剖学的複雑性から手術に高度の技術を要し,特に専門性の高い領域です.当科には肝胆膵外科高度技能指導医・専門医がそれぞれ在籍しており,手術を担当させていただくため,安心して肝胆膵手術を受けていただけます。
 

手術件数の推移

 

対象疾患
肝臓、胆道、膵臓周囲の解剖
(肝胆膵外科学会HPより)
CUSAを使用した肝切除の様子
 
① 肝臓がん

超音波手術器(CUSA)や超音波号凝固切開装置などの最新医療機器を使用し手術を行っています。また部位、大きさなどにより適応を判断し、腹腔鏡下手術も積極的に行っております

② 膵臓がん

膵臓癌は一般的に予後の悪い癌と言われておりますが、術後補助化学療法(手術後の抗がん剤)などを駆使し予後の向上に努めています。血管(門脈)合併切除などの拡大手術にも積極的に取り組んでおります。また腹腔鏡下膵体尾部切除も積極的に行っており、良性疾患~一部の膵癌までを適応としております。

③ 胆道がん

抗がん剤治療が発達した現在でも根治を望める治療は手術しかありません。術前に黄疸を下げる処置を内科で行った後に手術となります。肝切除や膵頭十二指腸切除などの大きな手術になる場合が大きく、患者さん個々の全身状態を評価し手術の適応を決定しています。

 

 

 

 

外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.