診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  整形外科  >  大腿骨近位部骨折に対する二次骨折予防(骨折連鎖予防)

整形外科

大腿骨近位部骨折に対する二次骨折予防(骨折連鎖予防)

6.骨粗鬆症診療


「骨」が「豊か」と書いて「からだ」と読みます
健康な体には“強い骨”が必要です

当院は同じ苦痛を繰り返さないために、次の骨折を予防する活動を実施しています

 

当院での主な取り組み

■ 骨折の治療と同時に骨粗鬆症ケアを行っています。
■ 当院には日本骨粗鬆症学会から認定を受けた「骨粗鬆症マネージャー」が在籍しています。

1.骨粗鬆症検査(骨折リスク評価)

①骨密度検査
■ 当院は骨の強さが最も正確に測定できるDXA(デキサ)法を用いて、腰と太ももの付け根の骨密度を測定します。
■ 検査結果は、退院時にお渡しする「骨折連鎖予防手帳」に記載しています。

 

■ 骨密度検査の結果の見かた

②血液検査
■ 骨の代謝(骨を作る力、骨を壊す力)、ビタミンD、ビタミンK などを調べます。
■ 検査結果は、退院時にお渡しする「骨折連鎖予防手帳」に記載しています。


■ ビタミンD

2.骨粗鬆症治療薬

■ 現在、様々な種類の治療薬において「骨を強くする効果」「骨折を予防する効果」が認められています。
■ 骨密度や血液検査の結果、通院方法などを考慮して、その方に最適な治療薬を選択します。

3.歯科診察(口腔ケア)

■ 摂食嚥下(食べる)機能の低下や誤嚥性肺炎の発症は栄養不足の原因となります。
■ 栄養が不足すると治療やリハビリの効果が得られにくくなります。
■ その予防にはお口の健康が重要です。
■ 骨粗鬆症のお薬の合併症(顎骨壊死:がっこつえし)の予防のためにも口腔ケアは重要です。

■ 当院では往診による歯科医師の診察を推奨し、口腔内の評価と必要に応じて歯科治療を実施します。


4.転倒リスク評価と転倒予防(リハビリ)

■ リハビリ担当者(理学療法士)が筋力やバランスの評価を実施します。
■ 評価の結果を元に、あなたに合った転倒予防、骨折予防のリハビリテーションを実施します。
■ 評価した結果は、骨折連鎖予防手帳に記載しています。
→ 詳しくは、リハビリテーション科のページ
 

5.地域連携

■ 骨折連鎖を予防するにはリハビリ病院、介護施設、診療所(かかりつけ医)との連携が重要です。
■ 骨折連鎖予防手帳を使用して情報提供を実施しています。



骨折連鎖予防手帳

■ 退院時にお渡しします。
■ 転院先の病院、入所先の介護施設、かかりつけ医に提示して、骨の状態をみんなで共有して骨折連鎖を予防しましょう。


 

国際骨粗鬆症財団(IOF)による認証(銅賞)

当院の骨粗鬆症ケアは国際骨粗鬆症財団(IOF)から認証(銅賞)を受けています。大阪府では4施設目、堺市では初の認証施設となります。

骨心(ほねごころ)

“骨を守りたいという純粋な想い”を表す言葉であり、当院の骨粗鬆症マネージャーがネーミングした造語です。
“自分の骨を守る”、“家族の骨を守る”、骨折を予防するために欠かせない想いです。

学会・研修会での活動

骨粗鬆症に関する学会や研修会にて積極的に発表しています。

氏名 職種 研修会 役割 開催日
田中暢一 理学療法士 運動器の健康・日本協会オンラインシンポジウム 発表 2022/10/30
許 太如 医師 骨粗鬆症治療病診連携WEBフォーラム 発表 2022/10/20
田中暢一 理学療法士 骨粗鬆症治療病診連携WEBフォーラム 発表 2022/10/20
村瀬 剛 医師 大腿骨近位部骨折 二次性骨折予防セミナー2022 座長 2022/9/7
田中暢一 理学療法士 第24回日本骨粗鬆症学会 発表 2022/9/2-4
田中暢一 理学療法士 Asahi osteoporosis Nurse Seminar in summer 総合司会 2022/8/27
田中暢一 理学療法士 第3回天王寺骨粗鬆症連携の会 発表 2022/8/25
田中暢一 理学療法士 第6回よどがわ骨を守る会 発表 2022/8/6
田中暢一 理学療法士 Asahi Re-Bone Seminar 2022 発表 2022/7/3
田中暢一 理学療法士 第10回南河内骨の健康フォーラム 発表 2022/3/12
田中暢一 理学療法士 第9回日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会 発表 2022/3/4-5
倉都滋之 医師 第2回堺 南河内における骨粗鬆症性骨折を予防する会 座長 2022/1/29
田中暢一 理学療法士 第2回堺 南河内における骨粗鬆症性骨折を予防する会 司会 2022/1/29
倉都滋之 医師 OLS Web講演会 発表 2022/1/25
田中暢一 理学療法士 OLS Web講演会 発表 2022/1/25
倉都滋之 医師 骨粗鬆症WEBセミナー OLSの取り組みを考える 座長 2021/12/15
田中暢一 理学療法士 骨粗鬆症WEBセミナー OLSの取り組みを考える 発表 2021/12/15
花城万里子 看護師 骨粗鬆症WEBセミナー OLSの取り組みを考える 発表 2021/12/15
田中暢一 理学療法士 第8回日本予防理学療法学会学術大会 発表 2021/11/13
田中暢一 理学療法士 理学療法士における OLS/FLSの役割と取り組み 発表 2021/10/30
倉都滋之 医師 第23回日本骨粗鬆症学会 発表 2021/10/8-10
田中暢一 理学療法士 第23回日本骨粗鬆症学会 発表 2021/10/8-10
田中暢一 理学療法士 骨粗鬆症治療を考える会 発表 2021/9/22
倉都滋之 医師 第2回南大阪骨粗鬆症ネットワーク研究会 総合司会 2021/8/28
田中暢一 理学療法士 第2回南大阪骨粗鬆症ネットワーク研究会 発表 2021/8/28
倉都滋之 医師 第47回日本骨折治療学会 発表 2021/7/2
田中暢一 理学療法士 WEBセミナー~堺エリアにおける骨粗鬆症治療の地域連携を考える~ 講師 2021/5/26
田中暢一 理学療法士 Asahi osteoporosis Nurse Seminar in Spring 総合司会 2021/4/17
花城万里子 看護師 Asahi osteoporosis Nurse Seminar in Spring パネリスト 2021/4/17
田中暢一 理学療法士 岐阜県整形外科 骨を健康にする会 講師 2021/3/27
倉都滋之 医師 第9回南河内骨の健康フォーラム 座長 2021/3/27
花城万里子 看護師 第9回南河内骨の健康フォーラム 講師 2021/3/27
田中暢一 理学療法士 WEBセミナー~これからのリエゾンサービスの在り方を考える~ 講師 2021/3/23
田中暢一 理学療法士 第8回日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会 講師 2021/3/5-6
整形外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.