研修医募集

ホーム  >  臨床研修   >  後期研修(専攻医)  >   募集診療科とプログラム  >  脳神経外科

脳神経外科

 

脳神経外科 専攻医(後期)  臨床研修プログラム

プログラムの目的と特徴

脳神経外科専門医の資格を取得するにたる、経験、技術、知識、人間性を習得することを目標とする。

 

一般目標(GIO)

指導医のもとで脳神経外科に関する基本知識、脳神経外科的疾患の概念、脳神経外科的特殊検査法、診断法を習得する。また、保存的治療法および手術的治療法もあわせて習得する。
 

 

行動目標(SBOs)

・一般診療

1.病歴の把握(正確、的確な病歴聴取)

2.診察、理学的所見の採取(正確、的確な診察)

3.カルテの記載(正確、的確な記載)

4.病状説明(親切、平易、的確な説明)

5.術前・術後管理(全身管理のための検査、治療)

6.後療法、リハビリの指導管理(脳神経外科的術後管理)

7.コミュニケーション(患者、コメディカルとの信頼関係の構築)

 
・脳神経外科疾患の理解
・脳神経外科的特殊検査法の理解と手技の習得

1.単純X線、CT、MRIの読影

2.腰椎穿刺

3.脳血管造影

 

・脳神経外科的治療法についての知識と手技の習得

1.保存的治療法

2.手術的治療法・周術期管理

3.外傷、脳腫瘍、脳血管障害など3年間で執刀医、助手として担当

 

 

診療責任者

脳神経外科 部長 浦西龍之介

 

研修内容

当院脳神経外科では、手技の習得に重点を置いており、早期から顕微鏡手術を安全に行えるようになることを目標としている。そのために模擬血管を用いた手術トレーニングの場を確立しており、十分に練習を行った後に指導医の確認のもとに術者として実際の手術に参加することとなる。
また学問的側面にも力を入れており、積極的に学会参加・論文作成の指導を行っている。

 

週間スケジュールの一例

 
             
午前 脳血管撮影 病棟処置 手術 脳血管撮影 手術    
午後 病棟カンファレンス   手術   論文抄読会    
夕方              
その他    

 

 

 

 

 

 

 

 

※プログラム内容:平成26年5月1日現在

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.