研修医募集

ホーム  >  臨床研修   >  後期研修(専攻医)  >   募集診療科とプログラム  >  消化器内科

消化器内科

 

消化器内科 専攻医(後期)  臨床研修プログラム

 

プログラムの目的と特徴

 

一般目標(GIO)

内科医としてのプライマリーケア能力と消化器疾患に対する専門的な知識や技術を有した消化器内科医になるために,消化器内科専門医としての基本能力を習得する。

行動目標(SBOs)

・医療面接,身体診察,アセスメント,診断,治療方針の立案,治療の実践ができる。
・他科へ適切な時期でコンサルトができ,情報を適切に提供できる。
・適切なインフォームドコンセントができる。
・消化器内科医として,基本的な診断,治療,手技を行うことができる。
・消化器救急疾患に対する基本的な対応ができる。
・上級医の指導のもとに学会などでの症例報告や臨床研究ができる。
・他のスタッフと適切な情報提供やカンファレンスができる。
・初期研修医に対して,適切なアドバイスができる。

 

診療責任者

消化器内科部長 安 辰一

 

研修内容

基本はOJT(on the job training)であり,それ以外に院内でのカンファレンスや学会活動がある。

OJT

・消化器内科外来において,初診患者,救急患者,定期通院患者の診療を行う。
・病棟担当として,入院患者の診療を行う。
・内科当直を行い,内科疾患の診療を行う。
・指導医のもと,消化器疾患に対する手技を行う。大まかな目安としては、まず上部消化管内視鏡を行い、その後に下部消化管内視鏡を行う。また、胆膵内視鏡については検査助手からはじめ、その習熟度から可能と判断すれば術者として行う。
・緊急内視鏡当番に指導医と一緒に入り,緊急内視鏡を行う。
・3年間の研修の終了後では、術者としての上部消化管内視鏡(生検、止血術など含む)、下部消化管内視鏡(止血術,ポリープ切除などを含む)、胆膵内視鏡(ERCPなど)、城主として内視鏡的粘膜切開剥離術や超音波内視鏡が可能なレベルへの到達。

 

週間スケジュールの一例

 
午前 エコー 外来 上部消化管内視鏡 上部消化管内視鏡 上部消化管内視鏡 研修日
午後 下部消化管内視鏡 肝膵内視鏡 内視鏡的粘膜切開剥離 胆膵内視鏡 ラジオ波焼灼術
  カンファレンス
(CPC,内科,消化器)
  内視鏡カンファレンス 消化器カンファレンス  

 

カンファレンス

消化器内科カンファレンス(毎週1回)、内視鏡カンファレンス(月2回程度)、消化器カンファレンス(外科などと共同で月1回)、内科カンファレンス(内科全体で月1回)、CPC(病院全体で月1回)などで,症例の提示,検討を行う。

 

学会活動

・消化器内科の主要な学会(内科学会,日本消化器病学会,日本消化器内視鏡学会,肝臓学会)を中心に地方会,総会へ定期的に症例報告や臨床研修を発表する。

・また、それらを論文として投稿する。

・上記、以外の学会や研究会などでも積極的な発表を行う。

 

EV(評価)

・内科学会認定医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、肝臓学会専門医を習得する。

・ケースカンファレンスでの症例提示などで、患者の病態理解に対して指導評価を受ける。

・学会活動などで.外部より評価を受ける。

 

 

 

 

 

参考資料:日本内科学会 研修カリキュラム2011,日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本肝臓学会の各専門医研修カリキュラム

※プログラム内容:平成26年5月1日現在

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.