研修医募集

ホーム  >  臨床研修   >  後期研修(専攻医)  >   募集診療科とプログラム  >  乳腺外科

乳腺外科

 

乳腺センター 専攻医(後期)  臨床研修プログラム

 

プログラムの目的と特徴

現在において人間における腫瘍の中でもっともevidence based medicine(EBM)が行われている乳腺腫瘍の治療を経験することにより、腫瘍外科学の基本を学ぶことになります。乳腺センターにおいては乳腺疾患 の広い領域における知識と技術、および患者管理を行える医師の養成を主眼としています。
また、乳腺外科を志す若い医師は、専門に進む前に必ず外科専門医を取得する必要があります。日本外科学会では、以下の4項目を到達目標としてあげています。

1)外科専門医として、適切な外科の臨床的判断能力と問題解決能力を習得する。
2)手術を適切に実施できる能力を習得する。
3)医の倫理に配慮し、外科的診療を行う上で適切な態度と習慣を身につける。
4)外科学の進歩に合わせた生涯教育を行うための方略の基本を習得する。

これらはまさに当センターの目標としているものです。外科、心臓血管外科、呼吸器外科と共同で、上記の研修を習得してもらいます。

 

一般目標(GIO)

3年目:乳腺画像を評価する。
     乳癌術後リハビリテーションの指導。
          乳癌における緩和医療の内容を理解する。
4年目:患者側にそった適切なインフォームド・コンセントを得ることができる。
           学術集会、学術論文に臨床研究の結果を発表する。
5年目:乳癌術後のフォロー・アップ。
          最新のEBMを検索し、その結果を臨床応用する。
 

 

行動目標(SBOs)

3年目:乳房温存術の実施。
     センチネルリンパ節生検の実施。
         化学内分泌療法の実施。
4年目:患者側にそった適切なインフォームド・コンセントを得ることができる。
           学術集会、学術論文に臨床研究の結果を発表する。
5年目:臨床試験の意義を理解し、参加することができる。
 

 

診療責任者

 乳腺センター センター長 阿部 元

 

研修内容

3年目:超音波検査、マンモグラフィ、CT、MRI、骨シンチグラフィを評価する。
          乳癌術後リハビリテーションの指導。
          乳房温存術の実施。
          センチネルリンパ節生検の実施。
          化学内分泌療法の実施。
          乳癌における緩和医療の内容を理解する。
4年目:超音波検査、マンモグラフィ、CT、MRIを評価する。
          乳癌における緩和医療の内容を理解し、適応を決定する。
          患者側にそった適切なインフォームド・コンセントを得ることができる。
          患者側にそった適切なインフォームド・コンセントを得ることができる。
5年目:超音波検査、マンモグラフィ、CT、MRIをさらに評価する。
          乳癌術後のフォロー・アップ。
          最新のEBMを検索し、その結果を臨床応用する。
          臨床試験の意義を理解し、参加することができる。

 

週間スケジュールの一例

 
           
午前 外来 病棟・化学療法 病棟・化学療法 手術 病棟・化学療法 病棟
午後 病棟 病棟 手術 手術 病棟  
夕方   カンファレンス        
その他  

 

 

 

 

 

 

 

 

※プログラム内容:平成26年5月1日現在

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.