研修医募集

ホーム  >  臨床研修   >  後期研修(専攻医)  >   募集診療科とプログラム  >  小児科

小児科

 

小児科 専攻医(後期)  臨床研修プログラム

 

プログラムの目的と特徴

小児科専門医をめざす医師が修得すべき態度、判断力、技術、知識の習得を目的とする。

当院小児科は日本小児科学会認定の研修施設であり、研修支援施設6カ月間の研修と併せて3年間の後期研修終了後には小児科専門医資格の取得ができる。

一般目標(GIO)

・小児科は、単一の臓器に関わる専門科ではなく、子ども全体を対象とする総合診療科である。小児科の臨床研修においては、子どものからだ、心理、こころの全体像を把握し、医療の基本である「疾患をみるのではなく、患者とその家族をみる」という全人的な観察姿勢を学ぶ。

・小児救急医療、新生児医療およびプライマリケアと発達発育支援を学ぶ。

 

行動目標(SBOs)

・小児治療を適切に行うために必要な基礎知識、技能、態度を習得する。

・小児の発育と発達を理解する。

・小児の特性を理解する。乳幼児と思春期では病態や疾患が異なり年齢に応じた診療を学ぶ。

・親御さんや小児から問診する方法および診察所見から病態と病気を診断する能力をみにつける。

・小児薬用量、補液量、検査値の特殊性、乳幼児の鎮静法、採血や血管確保などを経験する。

・小児保健、予防接種について学ぶ。

・コメディカルや他科との連携をとおしてチーム医療を学ぶ。

 

診療責任者

小児科 部長 沖永剛志

 

研修内容

・指導医のもと小児の問診と診察、検査および診断と治療を修得する。

・小児の診療手技を修得する。

・毎日のカンファレンスと症例検討に参加する。

・週に一度の病棟回診にてプレゼンテーションをおこなう。

・抄読会で論文をよみ、研究会や学会発表をおこなう。

 

週間スケジュールの一例

 
新生児
カンファレンス
新生児
カンファレンス
新生児
カンファレンス
新生児
カンファレンス
新生児
カンファレンス
新生児
カンファレンス
当直業務
午前 新生児
病棟
外来 小児病棟 新生児
病棟
外来 小児病棟 当直業務
午後 健診 回診 新生児病棟 新生児
病棟
小児病棟 新生児
病棟
当直業務
夕方 小児科
カンファレンス
小児科
カンファレンス
小児科
カンファレンス
小児科
カンファレンス
小児科
カンファレンス
  当直業務
その他    

 

 

 

 

 

 

 

 

※プログラム内容:平成27年3月10日現在

 

 

 

 

 

 


COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.