病院について

ホーム  >  病院について  >  高度医療機器  >  da Vinci

手術支援ロボット ダビンチ

ダビンチとは? 特長 ダビンチチーム 前立腺がん担当 胃がん担当

 


ダビンチは従来の腹腔鏡手術と同じようにいくつかの小さな切開部を作り手術医の操作に従って内視鏡・メス・鉗子を動かして手術を行う内視鏡手術支援ロボットです。

 

 

  • 「サージョンコンソール」とよばれる操縦席に座り、3D画像を見ながら手元のコントローラーを操作します。
     
  • 「ペイシェントカート」の4本のロボットアームにその動きが伝わります。
     
  • 「ビジョンカート」のモニターに手術中の画像が映し出され、手術スタッフも同じ画像が共有されます。






     

 

  • .体への負担が少ない
    切開部分が小さくてすむために、傷が少なく、出血も抑えられます。






     
  • .鮮明な3D(3次元)画像
    コンソールモニターには高画質で立体的な3Dハイビジョンシステムの手術画像が映し出されます。








     
  • .精密な動きを再現
    医師がロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。
    ダビンチの鉗子はリスト構造を持ち、人間の手より大きな可動と手ぶれ補正機能を備えています。



     
  • .低侵襲ロボット支援手術の実績
    ダビンチは今日までに世界中で約250万件(2015年時点)のさまざまな外科的手術で使用されてきています。

 

 

 

 

 

 


麻酔科医  森 正信

 

メッセージ
‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-

ダビンチ手術は全身麻酔で管理します。
麻酔科専門医が常時監視し、安心、安全に手術を受けられる環境づくりに努めています。


手術看護認定看護師

 

メッセージ
‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-

ダビンチ手術のメリットが最大限に発揮され、皆さんが安心して安全な手術を受けられるよう手術環境を整えています。気になることや不安に思うことは遠慮なくお声かけください!


臨床工学技士

 

メッセージ
‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-‐‐‐-

「安心・安全な医療機器の運用」様々な医療機器が病院内で使用される現在、私たち臨床工学技士が常に心掛けている理念です。高度な技術の結集であるダビンチ手術においても安心・安全を目指して機器管理面をサポートしています。

 

 
COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.