研修医募集

ホーム  >  研修医募集   >  後期研修医  >  総合診療医後期研修プログラム  >  日本病院会認定 病院総合専修医募集について

家庭医療(後期研修医)募集について

大阪の辺境地とも言われる阪南の地で「総合診療」が学べます!

当院は一般財団法人日本プライマリ・ケア連合学会の研修施設に認定されました。
同学会の活動指針にのっとり家庭医療後期研修プログラム(名称:阪南市民病院総合診療医後期研修プログラム)を平成27年4月より運用いたします。
3年間の研修修了後は同学会の専門医(総合診療専門医)認定審査資格が付与されます。

参考資料
 プライマリケア活動指針はこちら  [※注・日本プライマリ・ケア連合学会のHPが開きます]
 日本内科学会ページはこちら  [※注・日本内科学会のHPが開きます]

プログラム責任者


北方 一成(阪南市民病院 総合診療科 部長)

日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓病学会認定肝臓専門医


概要

大阪南部泉州地方にあるこの地域は、慢性的に医師の数が少なく、大阪府下という都会にあっても総合医としての理念や行動が必要とされる地域です。
当院は中小規模病院に該当し、内科、外科、小児科等との連携も良好で、小児から青年、成人、高齢者まで、人が生きていく時間の流れを理解しながら臓器別専門下に拘らないジェネラルな医学を学ぶことが可能です。
研修内容は、研修医のニーズに応えながらバランスを調整していきます。

研修期間

3年間のコースです。
下記、モデルとなるローテーション例になります。

 モデルとなるローテーション例

協力研修施設

  • ・阪南市民病院 総合診療科
  • ・阪南市民病院 各診療科
  • ・府中病院 救急科

評価方法

360度評価を前提とし、研修医の自己評価も加え、研修委員会が総合的に修了認定を行います。
原則として、家庭医後期研修プログラムの必要項目を満たすこと、ポートフォリオの作成・発表、地方会を含めた学会発表、論文作成も必須とします。

プログラムの質の向上・維持方法

Ground roundを毎月行い、研修医の発表の場、学びの場を確保します。
同法人の府中病院後期研修プログラムと連携し、症例カンファレンス、ポートフォリオ発表会、プログラム検討会等を 行い、外部評価を他のプログラム医師に施行依頼し、アドバイス・指摘をいただく方針としています。

病院見学・お問い合わせ先

 お問い合わせ先


COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.