阪南市民病院 医師・コメディカル・他職種と協働して患者様やご家族さまにとって「優しい」「ていねい」「あったかい」医療を提供できる看護師の育成を目指します。

看護部長メッセージ

看護部長 横田香世

パートナーに寄り添い、
最良を考えられる看護師に。

阪南市民病院 看護部長 田中 智代

阪南市民病院の基本方針は、『全人的な医療を通して、人々が自分らしく生きることに貢献する病院、「やさしい」「ていねい」「あったかい」医療を提供する』です。
常に一人ひとりのパートナーに寄り添い、最良を考える看護師であることを目指しています。そのために「感じる力」を育む倫理教育や、「考える力」を身につける教育に力を入れています。185床の病院ですが、急性期から回復期、慢性期、在宅支援、訪問看護と幅広い分野で活躍できるのも特長です。一人ひとりじっくりと向き合った看護がしたいという人には最適な環境が整っています。

阪南市民病院の特徴・強み

特徴その1_地域密着度ナンバー1の病院地域密着度ナンバー1の病院

地域密着度ナンバー1の病院
病院体験イベントのようす

海と山に囲まれ豊かな自然に恵まれた病院周辺は、気候もさることながら、人と人のつながりにおいて、とても温かみのある地域です。そのようなエリアで当院は、地域住民の方々に信頼され、愛されてきました。住民の方と病院職員が互いに信頼しあい、共に治療に励んでいます。
一人ひとりの患者さまを家族のように大切に思う、そんな病院風土が自慢です。


特徴その2_あたたかく、お互いに支えあう風土があるあたたかく、お互いに支えあう風土がある

あたたかく、お互いに支えあう風土

嬉しいことはもちろん、辛いこと、困ったことも仲間で共感し、支えあう風土が特徴です。家庭と仕事の両立ができるのも長く働く職員が多いのも、仲間の温かい支えがあるからこそです。また、「もっと勉強したい」「スキルアップしたい」という人に対しては、病院が必ず支援してくれます。
職員が楽しく生き生きと働けることで、患者さまに対しても良いサービスが提供できます。笑顔と思いやりの溢れる職場で、職員一丸となって励んでいます。


特徴その3_アットホームな職場風土アットホームな職場風土

アットホームな職場風土

185床と決して大きな病院ではないのですが、だからこそ多職種とのコミュニケーションが取りやすく、いつでも何でも誰にでも相談できる環境が当院にはあります。


阪南市民病院の教育体制

府中病院看護部の教育理念 1.	人間性を尊重した倫理観を持ち、看護に対する使命と役割の自覚を持つことができる看護師を育成する。 2.	人間性を尊重した倫理観を持ち、看護に対する使命と役割の自覚を持つことができる看護師を育成する。 育てたい看護師像 1.パートナーシップを実践できる看護師  2.根拠に基づいた看護実践ができる看護師  3.主体的に自己成長できる看護師

阪南市民病院の教育目標図

阪南市民病院では、看護職キャリアラダー研修に加え、独自の教育プログラムを実施しております。

  • 1.ラダー(能力段階)教育の新規導入+ジョブローテーションシステム
  • 2.教育トレーニングルーム設置
  • 各種シミュレーター、状況設定トレーニングやDVD等を活用し、看護技術のトレーニングが自分のペースで自信がつくまで行えます。
  • 3.職種別教育
  • 介護福祉士、介護補助者を対象とした研修を実施し、個々の職種の役割を理解し、業務を円滑に遂行していけるような教育を実施しています。
  • 4.新人看護師研修システム
  • 実地指導者・教育担当者が意図的・段階的・系統的な指導を行え、新人看護師の能力育成を図れるよう努力しています。
  • 5.関連施設の研修制度
  • 個々の専門能力を高めるために、当院の法人内関連施設での研修制度があります。

新入職員研修プログラムの流れ

新入職員研修プログラムの流れ

病棟の詳しい情報をご紹介いたします!病棟紹介はこちら

阪南市民病院
看護部長メッセージ
病棟紹介

PAGE TOP