病院について

ホーム  >  病院について   >  広報について  >  メディアでの紹介

メディアでの紹介

ベルランド総合病院・職員が新聞・雑誌・テレビなどのメディアに紹介されたものや発行した図書などを一部ご紹介致します。

雑誌 - 週刊ダイヤモンド 「頼れる病院 消える病院」

(週刊ダイヤモンド / ダイヤモンド社 / 2009年8月15,22日合併特大号)

週刊ダイヤモンドの特集「頼れる病院ランキング」において、府中病院が8位、ベルランド総合病院が28位にランキングされました。
また、同誌において民間病院のベストランキング全国版においては、府中病院が33位、ベルランド総合病院が69位にランキングされています。


雑誌 - 週刊朝日

(週刊朝日MOOK / 朝日新聞出版 / 2009年6月5日号)

手術数を病院選びの目安とする「手術数でわかる いい病院」の過去の取材で蓄積してきた病院情報から、 手術数だけでなく全国に誇れるいい病院として大阪市立大学病院が取り上げられました。関連施設であるベルランド総合病院の内視鏡外科 福長洋介部長が、腹腔鏡下腸切除手術の医師として掲載されています。


雑誌 - 週刊朝日MOOK 手術数でわかる いい病院2009

(週刊朝日MOOK / 朝日新聞出版 / 2009年3月1日)

「大腸がん手術の地方別データ近畿」面の上位30病院の中にベルランド総合病院が掲載されました。


新聞 - リビング堺 「B型肝炎」臨床的な治療状態から発がんする場合も

(リビング堺 / サンケイリビング新聞社 / 2008年12月13日号)

リビング堺版「教えてドクター!」面にベルランド総合病院の消化器内科の安部長が感染予防の為の日常生活のポイントや定期的なチェックと重要性を解説しております。


新聞 - 第2回泉北がん医療ネットワーク研究会「乳がんの診断と治療について」

(MEDICAMENT NEWS / ライフ・サイエンス / 2008年12月5日)

10月11日、リーガロイヤルホテル堺におきまして『第2回泉北がん医療ネットワーク研究会』を開催しました。
第1回は、今年の春"緩和ケア"をテーマに開催しましたが、今回は、近年増加の一途をたどる"乳がん"をテーマに取り上げさせていただきました。まず第一部では、日本乳癌学会・診療ガイドライン評価委員長である関西労災病院副院長の高塚雄一先生(毎月土曜日にベルランド総合病院の乳腺外科外来を担当)に、フォーラムセッションの司会をして頂き、検診と病診連携の重要性について活発な討論がなされました。
さらに、特別講演では『乳がん診療の現状と展望―乳腺外科医の役割―』と題し、日本乳癌治療のトップリーダーである大阪大学大学院研究科乳腺・内分泌外科学講座の野口眞三郎教授より、今年から稼動しています阪大オンコロジー・プロジェクトの紹介と乳腺外科医の果たすべき役割についてご講演いただきました。
当日は、200名を超える参加者で賑わい、熱心な討議が繰り広げられました。その模様が全国版「MEDICAMENT NEWS」に4ページにわたって掲載されております。


TV - テレビドクター「どこまで安心?検査・治療の放射線」

(テレビドクター / よみうりテレビ / 2008年4月20日)

医療の放射線が人体にどのような影響を与えるのかについて、医療被ばく軽減のための取り組みなどをベルランド総合病院中央放射線部木田部長が解説しました。


冊子 - 医師が選ぶ「あなたの町の名医」300人図鑑

(プレジデント / プレジデント社 / 2008年4月14日号)

「自分が病気にかかったときに頼りたい医者」という観点で、 同業者の医師より選ばれた医師300名の中で、大腸がんの名医としてベルランド総合病院亀山副院長が紹介されました。


新聞 - 読売新聞 病院の実力 第55回 心臓カテーテル治療

(読売新聞 / 読売新聞社 / 2008年3月30日)

心臓病による死亡者は年間約17万人で、我が国でも3大死因のひとつです。
心臓病のうち、「狭心症」と「心筋梗塞」に対する治療の中心が「心臓カテーテル治療」です。動脈硬化を起こし、もろくなった血管を治す必要があるので、高度な技術が求められる。その中で、安定した成績を残すためには、「年間100件以上」の治療実績をあげる必要がある、と紹介されており、ベルランド総合病院(348件)と府中病院(206件)も掲載されました。


新聞 - JapanMedicine 動き出したC型肝炎治療の地域連携

(JapanMedicine / じほう / 2008年3月31日号)

C型肝炎患者を早期診断・早期治療するためには、プライマリケア医と肝臓専門医の連携体制が欠かせない。そこで、すでに連携体制を構築しているベルランド総合病院の取り組みが紹介されました。


本 - 迷ったときの医者選び関西 最新版―名医は名医を知る

(迷ったときの医者選び関西 最新版 / 角川SSコミュニケーションズ / 2008年3月)

31の科別(疾患別)について、病院や肩書きにとらわれず実力本位で専門医を375人厳選して紹介しています。紹介された専門医の経歴や治療の特色のほか、症例数や生存率など実績値も掲載されています。
その中で、大腸がんの名医9人の1人としてベルランド総合病院亀山副院長が紹介されました。



COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.