診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  薬剤部

薬剤部

展望と特徴

私たちは薬の専門職としての知識と技術の向上に努めると共に、「人」を大切に思う“パートナーの心と体の痛みに寄り添える薬剤師でありたい”と強く願っています。

 

業務・取り組み

調剤業務

来るべきIT化に備え、薬剤部内で調剤・注射支援システム及び連動機器を利用し、外来・入院処方の調剤及び注射剤の個別払い出し業務を行っています。

 

医薬品管理業務
  • 麻薬、毒薬、向精神薬、血液製剤を含む全ての医薬品について適正な保管管理を行っています。
  • 在庫を把握する為、全購入金額の80%以上を占める注射剤について毎月の棚卸を実施し、健全な在庫管理に努めています。
  • 薬事委員会の事務局として、会の運営に尽力しています。

 

後発品導入率

  実績はこちらをご覧ください。

 

医薬品情報提供業務
  • 院内採用医薬品だけでなく「MDbank」、「インターネット」などを有効に活用し、正確な医薬品情報の提供に努めています。
  • 採用医薬品集の定期的な改訂、ホームページへの更新、情報誌「さつき」の編集などに力を入れ医薬品情報の発信源となっています。

 

注射剤無菌製剤処理業務

安全キャビネットを使用し抗癌剤の無菌製剤処理業務を行っています。

 

病棟業務
  • 服薬指導支援システムを使用し、入院されているパートナーの薬剤管理指導に当っています。
    肝機能、腎機能などのデーターをモニタリングし、適切な薬物療法を実施するための処方支援を行っています。
  • 病棟に常駐し、医師や看護師など他の医療スタッフと密な連携を取り、適正なチーム医療に取り組んでいます。
  • 看護師と協力し、病棟にて朝夕2回注射剤の混合業務を実施しています。
  • 内服の配薬を実施し、看護の与薬をサポートしています。

 

薬剤管理指導件数

  実績はこちらをご覧ください。

 

薬学実習生受け入れ
  • 認定実務実習指導薬剤師を2名配置、薬の知識を身につけるお手伝いをします。安全で質の高い薬物療法を提供する為、チーム医療の大切さを学び、医師・看護など他の医療従事者に適切なアドバイスが出来る実践的な薬剤師の育成をサポートします。
  • パートナーの思いを汲み取り、他の医療スタッフへの配慮が出来る薬剤師育成を目指しています。
  • 私たち指導薬剤師は学生と共に学び、共に悩み、共に成長することを願っています。

 

薬薬連携の取り組み
  • 99%以上発行されている院外処方箋を取り扱って頂いている地域の保険薬局と連携を密にする為、月1回の連携会議を行っています。
  • 薬剤師の質の向上を目指し、保険薬局と阪南市民病院が協力し、薬薬連携研修委員会を発足、研修会や交流会の開催を企画します。
  • 研修会や交流会は勤務している薬剤師だけではなく、ご家庭にいらっしゃる薬剤師の方々も広く参加できることを目標にしたいと考えています。
薬剤部ページ内コンテンツ

COPYRIGHT © SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.