診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  めまい難聴センター

めまい難聴センター

各種中耳、内耳疾患の診療ガイドラインに沿った標準治療を行います。良性発作性頭位めまい症、メニエール病の診療ガイドラインの作成に当センターは参画しています。
また、当センターは日本では診療ガイドラインが作成されていない疾患
(持続性知覚性姿勢誘発めまい、前庭性発作症、加齢性前庭障害など)の海外の診療ガイドラインを紹介する日本めまい平衡医学会の診断基準化委員会に参画していますので、海外の情報を利用した標準治療も行っています。

 

診療内容

めまい難聴センターでは、めまい、難聴、顔面神経麻痺といった中耳、内耳の疾患に幅広く対応しています。 診療は当院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科の医師とともに行っています。
めまいに対し、内リンパ水腫画像検査などの最新の検査、中耳加圧療法などの最新の治療が可能です。
真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎に対する鼓室形成術、メニエール病に対する内リンパ嚢開放術、
良性発作性頭位めまい症に対する半規管遮断術など、中耳、内耳の疾患に対する手術治療を行っています。
 

めまい難聴センターページ内コンテンツ

COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.