診療科・部門紹介

ホーム  >  診療科・部門紹介  >  心臓外科・血管外科  >  低侵襲心血管治療外来

心臓外科・血管外科

低侵襲心血管治療外来

            主な対象疾患            

大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症、肥大型心筋症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、

急性大動脈解離、血管外傷、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞)

 

 

治療について

低侵襲心血管治療外来では、このような治療を行っています。

 

TAVR - 経カテーテル大動脈弁置換術

大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法である、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR:transcatheteraortic valvereplacement) がハイブリッド手術室で実施可能になります。この治療法は、高齢者や合併症のために従来の開胸手術では弁置換が困難な患者さんに対するカテーテルを用いた治療であり、早期の退院が可能となります。

 詳細ページはこちら 

 

 

ハイブリッド手術室

 

ステントグラフト内挿

高精細な画像が得られる最新鋭の血管撮影装置を使用することで、当院で多く行われているステントグラフト内挿術が、より一層安全に高度な手技を実施することが可能になります。
ステントグラフトによる治療は従来の開胸・開腹手術に比べて傷を小さくすることができ、所要時間も短く身体にかかる負担が少なく、入院期間も短いのが特徴です。

 詳細ページはこちら 

 

 

その他の治療法

 ・心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)
 ・末梢血管治療

 

 

低侵襲心血管外来

循環器内科

毎週木曜日

心臓血管外科

第 1・3・5 週 土曜日

 

 

心臓外科・血管外科ページ内コンテンツ

COPYRIGHT c SEICHOKAI YUJINKAI. ALL RIGHTS RESERVED.